縫い糸を変えたらス~イスイ♪

がま口マスコットを作り始めた頃、細くて短い針を使っていました。

その針がある日折れてしまいました。
買い足そうと思っても、どこのメーカーで何用の針なのかわからず
仕方なく針の長さが同じくらいで出来るだけ細い針を探しました。

そして使い始めたのは、フランス刺繍針。
なんとか金具の小さな穴を通ってくれました。
でもコンマ数ミリ太いんでしょうね。
最初使ってた針ほどスムーズに通らず、力はいるし時間もかかるようになってしまいました。

針がほんの少し太くなると、そこに縫い糸を2本どりで通すから余計通りにくくなったんです。
どうしたもんか考え、縫い糸を変えることにしました!
材料を変えるのには抵抗があったのですが・・・


ところが変えて大正解
スイスイ針が通ります

↑変えた糸がこれ「シルコート」
ボタン付け用の手縫い糸です。(#20、30m、ポリエステル100%)
耐摩耗性にも優れているそうです。
細くなって切れてしまうようではダメですからね。


今までの半分くらいの時間で出来上がりました
もっと早く使えばよかったー

Share this:
▼ブログランキングに参加しています。
>>犬ブログ フレンチブルドッグ
>>ハンドメイドブログ あみぐるみ